つまらないKPTをマシにする技術

振り返りでよく用いられるKPT

  • K ... keep
  • P ... problem
  • T ... try

KPTに沿って振り返りしましょう」と言われて良い振り返りが出来た!って経験、あまりなくないですか? 僕はそう思います。特にP(問題点)がまったく出てこないです。

振り返り手法に関していくつか調べたのでまとめておきます。

死亡前死因分析、事前検屍

tumada.medium.com

「○年後このプロジェクトは失敗に終わった。その理由は?」

質問の視点をちょっと変えるだけで課題を発見できる確率があがるというものです。

何も意見が出ねー。といったときに利用するといいやつです。

また上の記事にある2, 3番目(WRAP、チェックリスト)も幅広く活用できる技術だと感じます。

sailboat retrospective

f:id:ITF_hikary:20210605165047p:plain
sailboat retrospective

認定スクラムマスターのセミナーで教わりました。 問題点という抽象的な事象をもっと分けて具体化します。

  • 追い風 : チームにとっての追い風、チャンス・機会
  • 島 : チームが到達したいゴール・ビジョン
  • 錨 : チームが島を目指すにあたり阻害要因となっていること
  • 岩 : 気にしなければならないリスク

そこそこ最強なのでKPTいらないんじゃないかレベルです。

YWT

振り返りのフレームワークを変えるのも方法としてあります。 YWTとは

  • Y ... やったこと
  • W ... わかったこと
  • T ... 次にやること

日本語でかわいいですね。 やったことをまず羅列するのが強いと感じます。

まとめ

KPT書いて満足する風潮は不毛なので、 まずは振り返りの振り返りを行いましょう

コーディング試験を受けた

新卒チャレンジしているhikaryです。 おそらく10ヶ月ぐらいぶりのコーディング試験を受けました。

いつものようにtrackを使います。 track自体はこれまでの失敗のおかげで慣れてきたのもあってか、困ったのはRust使えなかったことぐらいでした。 (track自体はRust対応しています)

tracks.run

n時間ゆっくりと解いて提出。

提出後に変なコードが入ってて申し訳なくなりながら、コードの説明を書いていきます。(これは時間外)

クソコード過ぎたので(当人比)ほとんど自分のコードのダメ出しで埋まりました。

10ヶ月前は全然実力がだせなくて(一応受かった)、競プロ始めるきっかけになったのを覚えています。

今回の感想ですが、全然実力がだせなくて競プロやるモチベが高まりました。

何も変わってないやんけ

※追記(20日): 受かった

プロダクトマネージャーとしての役割と目指したいユーザー体験

大学生専門の時間割アプリをリニューアルしました。

今回より、実装を1年生(20生)中心に任せて、僕は4月に間に合うタスク管理を行う、プロダクトマネジメントの役割を果しました。

実際はクライアントサイドの様々な役割を持ちましたが、ここでは僕の役割をプロダクトマネージャー(以下PM)と呼ぶことにします。 初めてのPMで一番の課題はまとめる力不足だったと思います。

オタク特有の内気さのせいで、中心になって話をすすめることが難しく、最低限の役割として話がそれたときに、論点から外れすぎないように、ちょっかい出す程度しかできなくって悩みました。

サーヴァントリーダーとしての役割を果たせるようになりたいと思ったのもその頃で、スクラムマスターの資格を取得するきっかけの1つにもなってます。

自分から話ができるようになるためには、今の所回数をこなすぐらいしか知らないので、まだ時間がかかりそうです。

この時間割アプリのリニューアルは3回目ですが、多分これが最後で今後はこのプロジェクトの維持や機能追加になっていきそうだと予想しています。 そうはいっても1回目と2回目と比較すると多分リニューアル初期段階でのバグが多いように感じると思います。

それは別に今回の実装に粗があったわけではなく、前回のやつはAndroid, iOSアプリの審査が数週間かかったりしたおかげで、デバッグをその間行えたので事前に多くのバグが解消されていたからです。

僕たちの周りに資本の力で、大学生を取り込もうとする組織がいるので、こういった不具合の多発で乗り換える人がいるかもしれません。

僕たちの基本方針は大学生一人ひとりが大学生一人ひとりのために作り上げるプロダクトをつくることであり、

広告を一切つけず、大学生の口コミと大学生の寄付によって成り立つプロダクトであり続けることです。

みんなで不具合を報告したり、コード修正して、最強のアプリケーションをつくっていきたい。

Twin:teは僕たち開発者のものではなくって筑波大学生みんなのものであってほしい。

ユーザー全員でつくり上げる、これがインターネットの良さじゃないだろうか。

【仕事は楽しいかね】自己分析とストレングス・ファインダー

まえおき

大学生は暇だ。

高校生のころの忙しい授業が嘘であったかのように、大学生になった途端に突然の自由を得ることができるからだ。

その自由を活用し、ほとんどの人がサークル活動であったり、バイト、趣味を始めるが全員がやりたいことを始める。

好きなことを夢中でやっていたつもりだが、なにかしらの出来事をきっかけに本当にこれでいいのかと考えるようになる、といった経験は誰しもあるだろう。

仕事は楽しいかね?」。彼にとってはこの一言がこれまでの自分を振り返るきっかけになった。

自己分析とは?

自分がやりたかったことは何なんだろう?

これまでの人生を振り返って将来目指す軸をみつけるプロセスを「自己分析」と呼びます。

この本では自己分析を行い、自分ならではのアイデアを見つける方法。そして試すことの重要性を中心に述べています。

3つのリスト

この本の前半を読むと普段の生活でなにか自分のアイデアを試してみたいと感じるでしょう(?)。 後半ではアイデアを見つけるための手段として、3つのリストについて取り上げています。

  • 仕事上でやったミスを全部書き出すこと
  • 問題点を書き出す
  • 仕事に関してやっているすべてのことをリストアップする

仕事のところを普段の生活に置き換えると、普段の日常の中に自分を知るためのヒントが散りばめられていることがわかります。 普段の行動一つ一つにある先行条件や結果条件を見直すことで自分を知り自分の強みを知ることができます。

ストレングス・ファインダー

上の内容を実践しようと思う人は1%もいないでしょう。簡単そうに見えて頭使う内容です(上の本読むと増えるかも) そんな人でも簡単に強みを見つける方法がストレングス・ファインダーです。

自己分析の産物である「自分の強み」を質問に答えるだけで知ることができます。課金が必要ですが、多くの企業で利用されているため(僕もある企業で強制させられた)、他者にも伝えやすいです。

客観的な良さをたくさん褒めてくれるので、オタクは特に自己肯定感が上がります。

【まとめ】

大学とはどういうものかについて、大学生の間でよく議論がされます。 遊ぶためのものだ(人生の夏休み論)と考える人がいる一方で、大学は研究機関であり専門知識を高めて研究に没頭するための場所だと考える人もいるでしょう。

私は、大学は自由と発見の場であると考えています。どちらの選択でもよく、その選択を自分で決めることを重要視しています。 就活のときなど、その選択をいかに効果的に相手に伝えるか、そのためにこの自己分析をやってみてほしいですね。

大学生で知っておきたい宗教について

こんにちは!

年度が変わるということで、新入生だけでなく大学生全体に向けた宗教の内容を書きたいと思います。 私達Z世代は特に無宗教を公言している人が多いと思います。私もです!

宗教という単語を聞いて皆さんはどういった印象を持ちますか?大学生だと特に否定的な考えを持つ人が多いかもしれません。

大学も企業も宗教?

まずは宗教とはどういうものなのかについて知っておきましょう。

現代文で「宗教」のテーマに触れたことがある方はその時の状況を思い出してみて下さい。 私が高校のときに民俗学や信仰について触れた時には、以下の記事のような内容が書かれていたことを覚えています。

educ.titech.ac.jp

宗教学は価値観を論じる学問です。価値観とはその人が正しい信じる意見であり、判断の基準です。つまり誰でも価値観(=宗教)を持っているということになります。 同じ価値観を持った人たちが賛同して出来上がったものが社会組織であり、大学や企業(以下「組織」)もその一部です。

組織にはそれぞれ経営理念というものを持ち、それぞれの異なる価値観によりその組織の特徴というものが形づくられます。 企業のホームページを見てみると、どの組織にもvision(理念)という項目があると思います。就活のときはvisionを参考に自分の価値観とマッチするか確認したりするので知っておいて損ではないです。

社会組織のすべてが宗教に近いものであることを理解できたでしょうか?

宗教をもたないとはどういうことか

「Z世代を中心に宗教離れが進む」、と上にて書きましたが、これを現代文では「世俗化」と呼びます。 これにはいくつかの要因が考えられると思います。理系の学生として、分かりやすいものを2つ挙げてみます。

1 科学の進歩、資本主義社会の発達

脳科学の発達により夢を見るメカニズムが解明されてきたように、神の存在に対しても信じない人が増えてきたのだと考えられます。 世の中が合理性を求めるに従って、科学的な根拠をもたない「宗教」を否定するようになります。

グローバル化SNS等で異なる価値観にふれる機会が増えたこと

昔は国境などで価値観毎に世界が別れており、その社会ではその社会での価値観を子供のときに学んできました。なので仲間同士で価値観はほぼ同じです。 それが外部から異なる価値観が流れてきた事により、違う価値観を持つ人が同じ社会に現れました。幕末などはその典型ですね。 今ではグローバル化、情報化によってSNSでは異なる価値観を持つ「少数派」を見る機会が増えました。 「多数派」はその「少数派」を叩くので、自分独自の価値観を持つことは悪だと捉える人が増えてきました。このことは誹謗中傷が社会問題になっていることからも明らかです。 グローバル化と情報化は世界の普遍化をもたらし、心理的暴力による世界統一を擬似的に達成しました。

1で挙げた人は科学を信仰している(科学が正しいと信じている)ため、科学という宗教を持っていると言えます。 しかし、2で挙げたの人は本来自分の持つ価値観を否定、隠蔽している可能性をもっているのでカルト宗教に注意が必要な場合があります。以下で扱います

無宗教こそカルトのターゲット

なぜ宗教を持たない人がカルト宗教のターゲットになってしまうのか。 宗教を持たないと感じている人は、宗教を持っている人に比べると宗教リテラシが低いため、物事を0, 1で判断する癖がついていたりします。 否定する証拠が存在しないことを示すことで、あたかもこれだけが正しく感じてしまう。こういった経験は誰しも一度は感じると思います。

www.bbc.com

自分の意見をもたない無宗教はカルト宗教にとって絶好のターゲット層でしょう。 誰にでも他とは違う価値観を持っています。なのでまずは自分の価値観を知ることからはじめてほしいです。自分の意見を持ち、自分にあった宗教を信じましょう。(ここ宗教勧誘っぽい)

宗教がもつ2つの悪い側面

宗教と関わる上で悪い側面についても知っておく必要があります。あらためて自分を見つめ直してみましょう。

1 金銭的搾取

一言で言えば詐欺です。心理的技術を駆使して詰め寄ってくるため、それを正しいと信じ込んで無意識の内にお金や時間(←こっち特に大事)をつぎ込んでしまうかもしれません。 心配になったら友達などに相談!価値観の違う友達の意見を素直に聞くことで助かるかもしれません。

2 これまでの人脈や信頼関係の破綻

価値観のぶつかり合いを「戦争」と呼びます。極端な価値観を持ったことで一生の友達を失ってしまうかもしれません。 その価値観が自分の使命だと感じるのなら僕はそれでいいと思います。 取り返しのつかない状態にならないためにも、価値観と人脈のバランスを常に考えて判断しましょう。

どうやったら自分の価値観を知ることができるの?

経験です。いろんな価値観や判断する場面に出会いましょう。 なんて言っていたら老けちゃうので価値観を知る手段を1つ取り上げてみます。

それは「自己分析」と呼ばれる手法で就活技術としてよく知られた方法です。 つまり自分に向いた宗教の見つけ方です。就活技術は就活だけではなく、友達付き合いなどにも応用できるものも多いので面白いです。(受験技術も然り)

自己分析をキーワードに自分で調べてみてもいいかもしれません。魚を与える行為になっちゃうのですが具体的なものを別でブログに出します。

itf-hikary.hatenablog.com

「信仰」と「信じること」

信仰と信じることは実は同じ意味です。あなたは何を信じていますか? 科学であれ人間であれ、絶対に裏切られないものは存在しません。 私は人間だけを信じているので、自分と関わる一人ひとりを信仰しているってことになります。ちょっとおしゃれですね(他人事)

【まとめ】宗教と良い関わりをしていくために

数学以外のすべての学問にも言えることですが、科学に100%の正しさは存在しません。確かさは確率で表すのも良いかもしれませんね。 SNSをやる上で、最低限のマナーとして、異なる価値観(意見)に対して寛大になりましょう。ドラえもんの名言にも「どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ」というセリフが出てきます。

f:id:ITF_hikary:20210325162805p:plain

当たり前ですが、これも100%の正しさを持っていません

再掲 educ.titech.ac.jp

2020年買ってよかったもの3選

だんだんと金銭感覚がゆるくなってきました。

デスク環境を中心にさまざまなものをアップデートしたので、その中からよかった3つをランキング形式でまとめてみます。

3位 XPS13 (9300)

開発用に2年ほどSurface Pro(Core i5)を利用していましたが、スペックの限界を感じて購入。 ベゼルレスデザインで、16:10と縦が長いため、小さい割にかなりの情報量が得られます。 重さも1.2kgと軽いので持ち運びも楽です。 Windows機では最もコスパの良いPCだと思います。

スペック

  • Core i7 ... Dockerで開発するならば人権ライン
  • RAM16G ... Dockerで開発するならば人権ライン
  • 非タッチ ... 人間工学的に不要だと判断
  • 2kディスプレイ ... 4kとのオプション。4kにしとけばよかったと後悔

thehikaku.net

2位 Oculus Quest 2

FaceBook Connectを見て、未来を感じて購入。安い!

www.youtube.com

下の記事でもいま体験することの意義が書かれていますが、一度体験してみることをおすすめします。

cgworld.jp

amzn.to

スペック

  • 64Gモデル ... PCとつなげて遊べるので、容量にはコストをかけませんでした。

1位 Fitbit Sense

社会人になったときに僕が一番心配していることは健康でした。 すべてリモートのせい(ほんとは休学していたせい)で時間感覚が狂ってしまったのですが、こんな僕をサポートしてくれるのがこのFitbitです。 たぶん一番上位モデルです。

  • 睡眠管理
  • 適切なタイミングで起こしてくれる目覚まし機能
  • アクティビティ(ランニングなど)を自動的に記録
  • カレンダーの予定を素早く確認、教えてくれる機能

自己管理がめんどくさくてやれてなかったものを補佐してくれる僕の執事の一人です。(執事: Google Assistant, Nature Remo, tile, etc...)

amzn.to

まとめ

日頃の生活を変えてくれるものは素敵ですね。 ちなみに買って後悔したものは、Google Pixel Buds(ケースをなくした & 部品のみの購入不可)とTile Sticker(思ったより大きくてまだ使ってない)です。

【ゴールデンサークル理論】好きなことをして生きていくために

就職の場であったり、研究発表などの場で自分の伝えたいことをうまく言語化できているだろうか。

コンサルについて自分はそこまで専門知識があるわけではないけれど、この考え方だけで物事の考え方や伝え方が劇的に変わる気がするので紹介する。

ゴールデンサークル理論とは

どのようなことを伝えると魅力的に感じるだろうか。

意識的に考えないと忘れがちな、「Why: なぜ」から物事を伝えることをゴールデンサークル理論と呼びます。

以下の動画で提唱された考え方です。訳がわかりやすいのでおすすめです。

www.ted.com

「すぐれたリーダーはどうやって行動を促すのか」といった問に対して、ゴールデンサークルの内側から「Why: なぜ」「How: どのように」「What: 何を」の順に伝えることを重要視しています。

自分の考える信念や価値観を考える

多分すべての人が、理想の世界というものを持っている思ってて(それが現状維持であったり実現不可能だとしても)、そこには何かしらの理由があると思います。

○例

  • 理想 : 自動運転で移動する社会
  • 理由 :「楽に移動したいから」 「人為的な事故に遭いたくないから」

自分の考える独自の信念や価値観をはじめに明文化します。

テーマを決めると絞りやすい

もしも伝えたい内容が将来の夢のような幅の広い分野で、価値観の方向性がバラバラの場合、テーマを決めたほうがいいと思います。

自分が以前やったハッカソンでは「世の中を前にすすめるinnovativeなプロダクト」といったテーマだったので「理想の社会」に対する価値観をチームですり合わせることからはじめました。

○他例

  • 次世代の国家の仕組み
  • 第5次産業
  • これまでなかった新たな仕事や役職

What, Howベースのアイデアの価値をどのようにして伝えるか

世の中のプロダクトすべてが課題ベースで生み出されたものであるわけではない。 手段が目的化しているとよく言われてるものもその1つだと思う。

  • 画期的なアルゴリズム機械学習など)があり、それを利用してサービスを提供したい(Howベース)
  • あるツールが好きでそれとは少し違った価値を提供するサービスを提供したい(Whatベース)

こういったところからアイデアが浮かんだ場合にも自分の脳内には「なぜそれが必要か」といったWhy部分があるだろう。 それを見つけるためには、「なぜ」を繰り返す作業が必要だ。

  • なぜそのアルゴリズムを使うべきなのか。
  • なぜ競合サービスを生み出すのか。

ここを客観的に突き詰めていくことでプロダクトの詳細度が上がっていき、ユーザーにもその価値を届けられるようになるかもしれない。

好きなことをして生きていくために

将来好きなことをしてそれで生活していきたい場合何をすべきだろうか。

仕事とは、価値を生み出し届け、その対価を得る契約関係で成り立っている。好きなことには何かしらの価値があるのでその価値を相手に伝えることからはじめる必要がある。

  • なぜそれが好きなのか。
  • なぜそれが素晴らしいのか。

こういった問いを繰り返していくと、その物事の価値がわかるし、自分の提供したい信念や価値観も見えてくるかもしれない。

まとめ

  • 自分の考える信念や価値観を考える
  • テーマを決めると絞りやすい
  • What(技術)ベースでのゴールデンサークルの作成も可能である
  • その場合「なぜ」を繰り返すことで、詳細度が上がっていく

参考

これはSansanインターンの参加記も兼ねています。 jp.corp-sansan.com

記事を書く参考にしました。 zenn.dev